米軍MRE

【米軍MREレーション】2017年製No.4「ミートソーススパゲッティ」実食レビュー!SOPAKCOだけど中身はアメリカル社!

2017年製米軍MREメニューNo.4

https://mre.jp

パスタやスパゲッティの人気ソースといえばカルボナーラやナポリタン、そして必ず上位に入ってくるものならミートソース。

日本はもちろん、欧米でもミートソース系はとても人気なパスタソースの一つとなっています。

MRE.JP
アメリカだとミートボールスパゲッティ、イタリアだとボロネーゼなどでしょうか?

今回はそんな定番のパスタ料理、「SPAGHETTI WITH BEEF AND SAUCE」を食べてみたのでレビューをお届けしたいと思います!

2017年製なので製造から約4年経ったもの。過去にレビューしたものとの比較もさせていただきます!

メニューNo.4「SPAGHETTI WITH BEEF AND SAUCE」について

2017年製米軍MREメニューNo.4について

SPAGHETTI WITH BEEF AND SAUCEのMREでのメニュー歴はかなり長く、初めて登場したのは遡る事30年以上前の1989年です

MREのメニュー数が現在と同じ24種類になった1998年からは長い間メニューNo.20を飾ってましたが、2014年にNo.4に移行し、現在に至ります。

当サイトでは2015年のものを過去にレビュー済みです。興味のある方はぜひ今回の2017年と何が違うのか比較してみてください!

関連記事
米軍MRE2015年製メニューNo.4
【米軍MREレーション】2015年製メニューNo.4「ミートソーススパゲッティ」の実食レビュー!

定番系メニューが揃っている米軍MREのCASE Aですが、今回はその中からメニューNo.4「SPAGHETTI WITH BEEF AND SAUCE」を食べてみてレビューしたいと思います! ミートソ ...

続きを見る

外装と内容物

2017年製米軍MREメニューNo.4の外装

SOPAKCO社梱包

2017年製米軍MREメニューNo.4のデートコード

デートコードは7177

デートコードが7177なので、2017年6月26日にSOPAKCO社で製造されたMREです

MREの製造会社や製造日を示すデートコードの読み方等、MRE全般については下記「MREとは?」の記事で解説してるので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

関連記事
MREとは
MREとは?レーションってどういう意味?アメリカ軍の戦闘糧食について。

MRE(エムアールイー)はMeal Ready to Eatの略で、直訳をすると「準備の整った食事」。 アメリカ軍が戦場の兵士に配給している戦闘糧食(レーション(Ration)、正しい発音はラーション ...

続きを見る

内容物

2017年製米軍MREメニューNo.4の中身

外袋を開けると中身が透明な袋でさらにパッキングされています

この二重パッキングは本来アメリカル社のMREの特徴ですが、色々な大人の事情で中身はアメリカル社、最終梱包はSOPAKCO社というちょっと珍しいタイプです。

MRE.JP
本来のSOPAKCO社のMREは透明な袋は無く、そのまま中身が入ってます。

前回レビューをしたメニューNo.2も同様だったため、同じケースのMREは他にも中身がアメリカル社のものが混ざってそうですね。

そして、透明な袋を開けると中身は以下のようになってました。

2017年製米軍MREメニューNo.4の内容物

内容物

ミートソーススパゲッティ、雑穀パン、ピーナッツバター、乾燥クランベリー、チョコチップ焼菓子、ココアアクセサリーパケット、FRH、スプーン

MRE.JP
太文字ではない最後の3つは各MRE共通で入ってる付属品です。

前述した2015年製のものは付属品以外で7種類の中身が入ってたので、心なしかちょっと寂しい印象ですね。

1つずつ詳しく紹介していきます!

ミートソーススパゲッティ

2017年製米軍MREメニューNo.4のメイン

デートコートは7143

メインのスパゲッティは227g入りで290kcal

写真左は温める際に使うスリーブですが、裏面には今までに見た事の無い内容がプリントされてました。

2017年製米軍MREメニューNo.4のメインスリーブ裏面

熱中症など、熱帯環境によって引き起こされる症状の詳細や予防法などが書かれています。

MRE.JP
通常だと、戦場で最大のパフォーマンスを発揮するにはしっかり食事を摂る事が大事ですという内容が書かれてます。

雑穀パン

2017年製米軍MREメニューNo.4のパン

通常のパンより少しレアな雑穀入りのパンです。

57gで190kcal

ピーナッツバター

2017年製米軍MREメニューNo.4のピーナッツバター

2017年製米軍MREメニューNo.4のピーナッツバター裏面

MREはもちろん、アメリカ圏では食卓でも定番のピーナッツバター。

元々1.5ozありましたが、2017年からは1oz(28g)に量が減り、カロリーは160kcal

乾燥クランベリー

2017年製米軍MREメニューNo.4のクランベリー

レーズンのように乾燥させたクランベリーです。

デザートは別にあるので、こちらはおやつですね。

57g入りで180kcal

MRE.JP
カロリー低そうですが、意外と高めですね。

チョコチップ焼菓子

2017年製米軍MREメニューNo.4のチョコチップ菓子

デザートの焼菓子です。

この後のレビューでももう一度解説しますが、中身はアメリカ圏だと有名なPoptartsというお菓子になっています。

52gで215kcal

ココア

2017年製米軍MREメニューNo.4のココア裏面

今回の飲み物はココア。

6oz(約170ml)分作れて140kcal

その他MRE共通で入ってるもの

2017年製米軍MREメニューNo.4の付属品

今回はジュースも無く、アクセサリーパケットもコーヒーが入っていないTYPE Bなので、ベバレッジバッグはありません。

アクセサリーパケットの中身

2017年製米軍MREメニューNo.4のアクセサリーパケット中身

左上からウェットティッシュ、塩、シナモンガム、ラズベリージュースです。

ティッシュはどのアクセサリーパケットにも必ず入ってるはずなんですが、、恐らく何かの拍子で抜けてしまったんだろうなと思います(笑)

MRE.JP
こういうところはいかにもアメリカらしいですね、

以上が今回のMREの中身の詳細でした!

総カロリーは1,180kcal(ラズベリージュース込み)。MRE1食の平均どおりですね。

それでは実食に移りたいと思います!

2017年製メニューNo.4の実食レビュー

2017年製米軍MREメニューNo.4のメイン温め準備

FRHを使ってメインを温めるところからスタートですが、今のところ同じケースのFRHは全て発熱不良を起こしてしまってるので、今回もそれを前提で準備します。

まずはFRHを試してみる

2017年製米軍MREメニューNo.4のFRHに水

FRHの袋下部に書かれてる黒い二重線の間まだ水、そして塩を少々入れます。

MRE.JP
塩は発熱を促進するために入れるちょっとした裏ワザです。

続いて発熱材とメインのレトルトパウチを入れ、発熱材を水で良く濡らせばあとは待つだけ。

2017年製米軍MREメニューNo.4のメイン温め中

斜めに立てかけて少し待ちます

5~10分後くらいに温まり具合を確認してみましょう。

待ってる間にココアの準備

2017年製米軍MREメニューNo.4のココア準備

水でもお湯でも作れるココアなのでいつもは水で作ってますが、なかなかココアの粉が溶けない事もあるので、今回はお湯で作りたいと思います。

2017年製米軍MREメニューNo.4のココア粉

この袋に直接お湯を注ぎます

2017年製米軍MREメニューNo.4のココア完成

ダマもなく綺麗に溶けました

水だとダマだらけになりますが、お湯だと綺麗に粉も溶けてくれて完璧です。

そして、今回はお湯で作ったもう一つの理由はこの後に続きます。

ジュースも作っておきます

2017年製米軍MREメニューNo.4のジュース準備

アクセサリーパケットに入ってたラズベリージュースは20oz(約560ml)分作れるものなので、ペットボトルで作って冷蔵庫に入れておきます。

2017年製米軍MREメニューNo.4のジュース粉

粉の量はわずかだけど、18oz分も作れる

2017年製米軍MREメニューNo.4のジュース完成

ちなみに味は、ラズベリーのちょっとした苦みも感じられる、甘さは控えめなジュースです。

MRE.JP
でも果汁は一切入っていないと思います。

人口甘味料タイプですが、独特の口の中にずっと残る甘味なども無くて飲みやすいですよ。

やっぱりFRHはダメでした

2017年製米軍MREメニューNo.4の温め失敗

案の定ではありますが、FRHはほぼ無反応と言って良い状態でした。

MRE.JP
ホッカイロにもならない熱です。。

仕方ないので最近使っている温め方法を使いたいと思います。

ココアを作るために用意したお湯でメインを温める

2017年製米軍MREメニューNo.4のFRHにお湯

ココアをお湯で作ったもう一つの理由がこちらです

FRHから発熱材を取り出し、レトルトパウチを入れたままお湯を注ぎます。

MRE.JP
FRHの袋は熱湯でも溶けるような事は無いのでご安心を。

お湯がこぼれないようにスリーブに収めて待ちます。

2017年製米軍MREメニューNo.4のメインお湯で温め中

この方法だと底が広がる事でそのまま立てかけられるのも良い点ですよ。

2017年製米軍MREメニューNo.4のメイン直立

見事に直立してくれます

FRHが使えなかった際はぜひこの方法を試してみてください。

MRE.JP
用意するお湯の量も少しで済みます!

メイン温め完了。いただきます

2017年製米軍MREメニューNo.4のメイン温め完了

熱々に温まってくれました

2017年製米軍MREメニューNo.4のメイン中身

メインのスパゲッティは、少し甘みの効いたお肉の旨味が溶け込んだ美味しいソースに絡まってます。

2017年製米軍MREメニューNo.4のメイン中身②

お肉以外の具が入っていなく、スパゲッティは柔らかくて口の中ですぐに溶けてしまうので、食感はほぼ肉だけです(笑)

日本ではあまりありませんが、欧米だと缶詰のミートソーススパゲッティがあり、それと近い仕上がりです。

※ちなみに缶詰↓のようなものです

欧米だと子供の頃に缶詰のパスタを食べてる人も多いので、少し懐かしさも感じるような味わいのメインでした。

雑穀パン+ピーナッツバター

2017年製米軍MREメニューNo.4のパンとピーナッツバター

次はMREだと定番のパン+ピーナッツバターの組み合わせ。

2017年製米軍MREメニューNo.4のパン中身

通常のパンと違って雑穀が混ざってるのが分かります

2017年製米軍MREメニューNo.4のパンにピーナッツバター

日本だと甘いピーナッツバターの方が馴染みのある方も多いかもしれませんが、アメリカ圏ではまず見かける事はありません。

MRE.JP
日本に来て甘いピーナッツバターがあるのを知って「え?」って思ったのを覚えてます。食べたら美味しかったですけどね。

ピーナッツバターもアメリカ圏だと子供の頃から食べてる人がほとんどなので、懐かしさを感じる味です。

おやつの乾燥クランベリー

2017年製米軍MREメニューNo.4の乾燥クランベリー中身

おやつの乾燥クランベリーの見た目はレーズンと同じようになってます。

ただ、レーズンよりも甘さは少なく、甘酸っぱくて食感が少しシャリっとした形です。

人によって好き嫌いが分かれるかもしれませんが、個人的には食べやすくてお気に入りのMREのおやつの一つです。

デザートのチョコチップ焼菓子

2017年製米軍MREメニューNo.4のチョコチップ菓子中身

最後はデザートの焼菓子です。

前述しましたが、こちらはアメリカ圏だと有名なPoptartsというお菓子で、タルト生地の中に甘いフィリングが詰まっています。

2017年製米軍MREメニューNo.4のチョコチップ菓子断面

味はかなり甘めいお菓子になってます

食べ慣れてる人ならあまり気にしませんが、初めて食べる人だと砂糖を圧縮したような味に感じるかもしれません(笑)

MRE.JP
アメリカの甘いお菓子は大体そうですね。

ちなみに、今回のチョコチップ味以外だと以下のような見た目です。

Poptartsのストロベリー味

こちらはストロベリー味

まとめ

2017年製米軍MREメニューNo.4のスパゲッティ中身

以上、今回は2017年製米軍MREメニューNo.4「SPAGHETTI WITH BEEF AND SAUCE」の実食レビューでした!

相変わらずFRHは毎回発熱不良で本来の方法で温かいMREを食べられてませんが、常温でも食べられるし、今回のようにコーヒーやココアを淹れるために用意したお湯などで温める事が可能なので、どんな状況でもしっかりした食事が摂れるのはMREの良いところです。

MRE.JP
非常食としてとても優秀だと思います!

メイン料理以外にもおやつやデザート、飲み物まで色々楽しめるのも良い点ですね。

まだMREを試した事の無い方、ヤフオク楽天市場Amazonでも購入は可能ですし、意外と安いので非常時の備蓄としてはいかがでしょうか?

MRE.JP
安いものだと1食700円程度で買えますよ!

是非一度お試しください!

-米軍MRE

© 2022 MRE.JP