米軍MRE

【米軍MREレーション】2015年製No.9「Beef Stew」実食レビュー。MRE最古のメニューです

2015年製メニューNo.9「Beef Stew」

https://mre.jp

MREのメニュー名は長ったらしいものも多いですが、今回のレビューさせていただくメニューNo.9はシンプルで分かりやすい「ビーフシチュー」

欧米でも日本でもメジャーな料理ですが、パッと想像できる普段食べているビーフシチューとどれくらい違うのか?

見た目や味など、色々な角度からレビューさせていただきます!

メニューNo.9「Beef Stew」について

2015年製メニューNo.9「Beef Stew」について

MREが初めて登場したのが1981年

1995年までは12のメニューしかありませんでしたが、実はMREが誕生した時からずっとメニューにあり続けるのが「Beef Stew」。

最初の3年間はメニューNo.3、1988年から6年間はメニューNo.7となり、その後1997年から現在に至る25年間はメニューNo.9として存在している、40年間のMREの歴史と共もに歩んできたメニューとなっています

MRE.JP
40年の間で随分味は変わっているはずです!

外装と内容物

2015年製メニューNo.9「Beef Stew」の外装

アメリカル社梱包

2015年製メニューNo.9のデートコード

デートコードは5154

デートコードは5154なので2015年6月3日製造。今回食べたのが6月12日なので、ほぼちょうど6年前のMREです。

開封をすると以下のようにアメリカル社の特徴である二重のパッケージになっています。

2015年製メニューNo.9の内袋

二重にパッケージされて中身を守っている

MRE.JP
少しでも荷物を減らしたい兵士はこの状態にして持ち歩くのかな?

内容物

2015年製メニューNo.9「Beef Stew」の内容物

今回の中身は以下とおりです!

内容物

ビーフシチュー、マルチグレインブレッド、プレッツェルスティック、ナッツレーズンミックス、ホットソース、ピーナッツバター、アップルジャム、フルーツポンチ、アクセサリーパケット、FRH、ベバレッジバッグ、スプーン

太文字以外のものはどのMRE共通で入ってるものです。

MRE.JP
ホットソースはいつもならアクセサリーパケットに入ってますが、今回は個別に入ってました。

中身一つ一つを紹介していきます!

ビーフシチュー(メイン)

2015年製メニューNo.9のビーフシチュー

見づらいですが、デートコードは5126

マルチグレインパン

2015年製メニューNo.9のマルチグレインブレッド

Grainは穀物、Multiは複数なので、要は雑穀パンです。

MRE.JP
MREに入ってる通常のパンとの違いが楽しみ!

プレッツェルスティック

2015年製メニューNo.9のプレッツェルスティック

おやつです

名前のとおり、スティック状のプレッツェルですね。

ナッツレーズンミックス

2015年製メニューNo.9のナッツレーズンミックス

これも見づらいですがデートコードは5124

プレッツェルスティックは明らかにおやつですが、これもおやつ?それともチョコが入ってるからデザート?

ホットソース

2015年製メニューNo.9のホットソース

なぜか個別に入ってる

味はタバスコとほとんど変わらないホットソース。

ピーナッツバター

2015年製メニューNo.9のピーナッツバター

アップルジャム

2015年製メニューNo.9のアップルジャム

フルーツポンチ

2015年製メニューNo.9のフルーツポンチ

やたらと袋が大きいのはそのまま水を入れて飲めるようになってる

飲み物のフルーツポンチ。

内容量は変わらないものの、MREのメニューによって今回のようにそのまま水を加えて飲める大きな袋に入っているものや、別の容器で飲むように小さい袋に入ってるものがありますが、どういう基準で違っているのかは謎です。

その他

2015年製メニューNo.9のその他内容物

これらはどのMREでも共通で入ってる中身です。※メニューによって若干の違いはあります

アクセサリーパケットの中身

2015年製メニューNo.9アクセサリーパケットの中身

左上からコーヒー、コーヒークリーム、シナモンガム、コーヒースイートナー、塩、ティッシュペーパー、ウェットティッシュ。

MRE.JP
ガムは赤い袋に入っていたらシナモン味!

2015年製メニューNo.9の実食レビュー

MREのビーフシチュー

それではそれぞれを食べてレビューしていきます!

まずはメインを温める(トラブル発生)

MREビーフシチューとFRH

FRHの袋にメインと水を入れ、温めを開始です!

同じケースの2015年メニューNo.1は発熱不良により仕方なく常温で食べましたが、今回は水を入れてすぐに発熱を確認

スリーブに入れて温まるまで待ちます。

MREのビーフシチューとスリーブ

温まるまでこの状態で待ちます

やっぱり発熱不良

5分くらいして温まり状況を確認してみたところ、どうやら最初に発熱が確認できたのは発熱素材のごく一部の個所だった事が判明

全体だと全然温かくありません…

今まで発熱不良のMREはほとんど出くわす事は無かったのですが、、このサイトでレビューをし始めて実に3つ目(?)です(笑)

MRE.JP
この2015年のケースだと2つだけですが今のところ全滅…

前回のMREメニューNo.1は常温で食べましたが、ビーフシチューは温かいのを食べたい!!

という事で今回は湯煎で温めます

MREビーフシチューを湯煎

湯煎中。5分ほどで十分温まりました!

気を取り直してメインのビーフシチューをいただく

MREビーフシチューの中身

恐らくみなさんも「ビーフシチュー」と聞くとトロトロのルーにゴロゴロとした牛肉の塊と野菜が入ってるものを想像すると思いますが、それとは少し異なり、色も薄めで水分も少なめです。

カレーで例えるなら、通常のカレーライスとキーマカレーくらいの違いでしょうか?(伝わりますかね)

MREビーフシチューの野菜

野菜も細かいものが色々入ってる

MREのビーフシチューとホットソース

少し味が平坦なのでホットソースで深みを

牛肉と野菜の味が全面に出ているものの、少し特徴が無かったのでホットソースを加えて深みを付けてあげました

ホットソースを加えてより美味しくなったものの、日本人が想像するいわゆる「ビーフシチュー」からはかなりかけ離れたものになりました(笑)

MRE.JP
ホットソースの力は偉大です!

ちょっと辛かったのでジュースのフルーツポンチを

MREのフルーツポンチ

見事な人工着色料の赤い色です

今回のフルーツポンチは12oz(約340ml)の水で作るものでしたが、袋が大きかったので20oz(約560ml)と勘違いして大きいジョッキで作ってしまいました。

そのため味はちょい薄めに。

MRE.JP
メインのホットソースが辛くて喉が渇いてたので結果としてはちょうど良い量になりました。

マルチグレインブレッドでPB&J

MREのマルチグレインブレッドとピーナッツバター、アップルジャム

続いてはマルチグレインブレッド(雑穀パン)でPB&J(ピーナッツバター&ジェリー(ジャム))!

いつもの事ながらパンの大きさに対してピーナッツバターとジャムの量が多いですが、全て塗って食べます。

MREのPB&J

ジャムは絶対こぼれてしまう

2014年製メニューNo.7 Brisket Entreeなどにも入っていた通常のパンと比較すると色は少し濃いめ、そして雑穀のつぶつぶによる食感が若干異なりますが、味自体に大きな違いはありませんでした。

MRE.JP
ピーナッツバターとジャムを塗ったので尚更味の違いは分からず…

今回のMREは朝にいただいてますが、やっぱりPB&Jは朝の定番に相応しいですね。

おやつのプレッツェルスティック

MREのプレッツェルスティック

プレッツェルが棒状になっただけ

次はおやつです!

通常のプレッツェルを棒状にしただけなので何か特徴があるというわけではないですが、いわゆるプレッツェルの形のままよりは食べやすくなってます。

MRE.JP
あの形だと輸送中とかに粉々になってしまうので棒状にしたんでしょうね。

周りについてる塩のしょっぱさがちょうどお酒のつまみにも良いです。

おやつ②ナッツレーズンミックス

ナッツレーズンミックスの中身

ナッツは塩味のついていないプレーン

通常MREにはデザートが何かしら入ってますが、今回はいわゆるデザートはなく、おやつがもう1個入ってました

それともこのナッツレーズンミックスにはチョコが入ってるのでこちらをデザートと捉えるべきなのか…

それはさておき、こちらは写真のとおり、ピーナッツやアーモンドなどのナッツに加え、レーズンとM&Mのチョコが混ざっているものとなります。ナッツは塩味が付いていないプレーンなので、チョコと一緒に食べても違和感はありません。

ナッツレーズンミックスの中身②

そこそこ量が入ってるので小腹が空いてる程度だと満腹になる

食後のコーヒー

2015年製メニューNo.9のコーヒー

最後に食後のコーヒーです!

全体のカロリーを計算しているからなのかは不明ですが、コーヒー用に砂糖が入ってる場合と今回のようなカロリーゼロのスイートナーの場合があります。

MRE.JP
「Splenda」はアメリカ圏でかなりメジャーなブランドなので、海外のレストランやホテルなどで見かけた事のある人も多いのではないでしょうか?
2015年製メニューNo.9のコーヒー中身

コーヒーは固まってしまっていた

2015年製メニューNo.9コーヒー出来上がり

味は普通のインスタントコーヒー

コーヒーは固まってしまってましたが、特に品質には問題無さそう。味は日本でも買える市販のインスタントコーヒーとなんら変わりません

どちらかというと今回はコーヒーの味より、スイートナーの味が気になってしまいました。

個人的に人工甘味料は飲んだあとの口の中に残る甘味があまり好きではありません。また、コーヒー自体の味がぼやけてしまうような印象もありますね

まとめ:まさかの立て続けのFRH発熱不良、でも湯煎すればOK。

2015年製メニューNo.9「Beef Stew」

以上、今回は2015年製のMREメニューNo.9「Beef Stew」のレビューでした!

同じケースのMREの2個目にして立て続けに発熱不良が発生してしまったので、他のメニューがどうなのか?はまた今後のレビューでお伝えさせていただきます。

MREを食べる際はなるべく戦場の兵士と同じ環境を想定して食べるようにしてますが、湯煎くらいなら戦場でも出来るかなと思い、今回は初めてFRH以外で温める手段を取りました

MREにはFRHは付属してるものの、基本的には温めをしなくてもそのまま食べられるようになっています

戦場に限らず、災害時などでも温かい食事を摂れる事はとても重要ですが、いざという時にそのままでも食べれるという点も踏まえるとやっぱり非常食として優秀だなと思います。

MREをまだ試した事の無い方は、Amazonなどで一つから購入もできますので是非試してみてはいかがでしょうか。

MREについてもっと詳しく知りたい!という場合はぜひ下記記事もお読みください。

オススメ
MREとは
MREとは?レーションってどういう意味?アメリカ軍の戦闘糧食について。

MRE(エムアールイー)はMeal Ready to Eatの略で、直訳をすると「準備の整った食事」。 アメリカ軍が戦場の兵士に配給している戦闘糧食(レーション(Ration)、正しい発音はラーション ...

続きを見る

-米軍MRE

© 2022 MRE.JP