米軍MRE

【米軍MREレーション】2017年製No.24「Southwest Beef and Black beans」実食レビュー!2015年製との比較も!

2017年製MREメニューNo.24

https://mre.jp

ブログの導入文(今まさ見ていただいてるこの部分)って実はとても難しく、いつも一番時間がかかってしまいます(笑)

一番拘ってましたが、それによってレーションレビューの投稿を遅らせたいので、今後特にネタが無ければ簡潔にしていきたいと思います。

MRE.JP
レビュー済みメニューの製造年が違うものも、ちょっと簡略化したいと思います。

という事で今回は24種ある米軍MREの最後のメニューNo.24「Southwest Beef and Black beans」2017年版の実食レビューをお届けさせていただきます!

これまでにレビューをしたメニューNo.24「Southwest Beef and Black beans」

2017年製MREメニューNo.24の外装

当サイトではこれまで2015年製アメリカル社の同メニューをレビューさせていただいております

その際は風邪をひいていたので、もしかすると味の感じ方が違うかもしれませんね。

2012年から続いているメニューですが、こちらに限らずMREの中身は毎年少しずつ変わっていくもの。

2015年と比べてどのような違いがあるのかも見て良ければと思います!

2015年製のレビューはこちらから!

関連記事
2015年製米軍MREメニューNo.24
【米軍MREレーション】2015年製No.24「南西部風ビーフ&ビーンズ」実食レビュー!

僕が生まれ育ったカナダもそうですし、アメリカもとても広い国なので西と東では街並みも異なれば食文化も全然違うものとなってます。 また、移民の国という事もあって地域によって人種も色々、影響を受けている国の ...

続きを見る

外装と内容物

2017年製MREメニューNo.24の製造会社

今回レビューをさせていただくのはワーニック社のもの

ワーニック社のMREは外装にデートコードが印字されていないので、2015年のいつ頃に製造されたものかは中身を見て確認していきましょう。

なお、MREの製造会社や製造日を示すデートコードの読み方等、MRE全般については下記「MREとは?」の記事で解説してるので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

関連記事
MREとは
MREとは?レーションってどういう意味?アメリカ軍の戦闘糧食について。

MRE(エムアールイー)はMeal Ready to Eatの略で、直訳をすると「準備の整った食事」。 アメリカ軍が戦場の兵士に配給している戦闘糧食(レーション(Ration)、正しい発音はラーション ...

続きを見る

内容物

2017年製MREメニューNo.24の内容物

以下が今回の中身のラインアップです。

内容物

南西部風ビーフ&ビーンズ、トルティーヤ(チポトレ味)、チーズスプレッド、テリヤキビーフスティック、アップルソースケーキ、リンゴのソース漬け、モカカプチーノ、FRH、アクセサリーパケット、スプーン

太文字ではない最後の3つは各MRE共通で入ってる付属品となっています。

以前レビューをした2015年製のものと比較すると、おやつがテリヤキビーフスティックに、デザート各種も変わってますね。

それぞれの品を一つずつ見ていきましょう!

南西部風ビーフ&ビーンズ

南西部風ビーフ&ビーンズ

デートコードは7279

こちらがメインの南西部風ビーフ&ビーンズ。

227g入りで240kcal

トルティーヤ(チポトレ味)

2017年製MREメニューNo.24のトルティーヤ(チポトレ味)

トルティーヤ自体は他のMREにも入ってますが、唯一メニューNo.24に入ってるのがチポトレ味

MRE.JP
レアな一品です!

2枚入りで220kcal

チーズスプレッド

2017年製MREメニューNo.24のチーズスプレッド

2017年製MREメニューNo.24のチーズスプレッド裏面

トルティーヤとは反対に、MREでは定番のチーズスプレッド。

28g入りで120kcal

テリヤキビーフスティック

2017年製MREメニューNo.24のテリヤキビーフスティック

こちらはおやつのテリヤキビーフスティック。

MRE.JP
カルパスのようなものです。

1本28gで110kcal

アップルソースケーキ

2017年製MREメニューNo.24のアップルソースケーキ

MREのデザートにはパウンドケーキなど色々ありますが、今回のアップルソースケーキは初めて見かけました。

71gで270kcal

リンゴのソース漬け

2017年製MREメニューNo.24のリンゴのソース漬け

デザートの2つ目がリンゴのソース漬け。

SPICED SAUCEのスパイスはシナモンを指してます。

142g入りで160kcal

モカカプチーノ

2017年製MREメニューNo.24のモカカプチーノ

2017年製MREメニューNo.24のモカカプチーノ裏面

こちらは今回の飲み物、モカカプチーノ。

お水とお湯、どちらでも作る事が出来ます。

6oz(約170ml)分作れてカロリーは120kcal

その他MRE共通で入ってるもの

2017年製MREメニューNo.24の付属品

FRHのデートコードは7305

そしてこちらが各付属品です。

MRE.JP
飲み物はモカカプチーノなので、ベバレッジバッグは付いてません。

アクセサリーパケットの中身

2017年製MREメニューNo.24のアクセサリーパケット中身

アクセサリーパケットには左上からティッシュ、塩、ウェットティッシュ、ミントガム、ラズベリージュースが付いてました。

MRE.JP
基本的にマッチは必ず付いてくるはずなので、、漏れてしまったのでしょうか?

以上が今回の中身でした!

一番新しいデートコードがFRHの7305だったので、2017年11月1日以降に梱包されたMREだという事が分かりました。

そして、総カロリーは1,240kcal

MRE.JP
ちょうどMRE1食の基準とほぼ同じですね。

それでは、実食レビューに移らせていただきます!

2017年製メニューNo.24の実食レビュー

2017年製MREメニューNo.24のメイン温め準備

まずはメイン料理の温めからです。

ただ、これまでにレビューをした2017年製のMREのFRHはほぼ全てが全滅

MRE.JP
発熱不良でホッカイロほどの熱も発してくれません。

今回のメニューNo.24も期待を寄せず、一応試してみる事にします。

FRHの効き目はいかに?

2017年製MREメニューNo.24のFRHに水

袋下部の黒い二重線の間まで水を注ぐ

2017年製MREメニューNo.24のメイン加熱中

斜めに立てかけて発熱を待つ

結論からお伝えすると今回もダメでした

これまで試してきたものと比較をすると若干熱量が高く、ホッカイロ程度までは温まってくれたものの、メインを熱々にするには明らかに不十分です。

今回コーヒーはありませんが、この時のためにお湯を沸かしておいたので、直接熱湯をFRHに注いで温めたいと思います。

MRE.JP
災害時などでもFRHが機能しなければこの方法がオススメです。
2017年製MREメニューNo.24のFRHに熱湯

FRHの袋は熱に強いので熱湯でもOK

熱湯を注いだFRHとトルティーヤを一緒にスリーブに収め、このまま10分ほど待ちたいと思います。

MRE.JP
この状態だと立てておけるのでとても便利です。

2017年製MREメニューNo.24温め中

メイン温め中にモカカプチーノ

2017年製MREメニューNo.24のモカカプチーノ準備

メインを温め中にモカカプチーノを作っていただきます。

お湯よりもすっきりと味わえるので水で作ります。

袋の黒い線まで水を注いで良く振れば完成。甘すぎない方が好みなので若干多めに注ぎます。

2017年製MREメニューNo.24のモカカプチーノ完成

それほど強くないコーヒー感とクリーミーな口当たりです。

MRE.JP
ゴクゴクいけちゃいます。

水を多めに注いだので甘すぎないちょうど良いバランスになりました。

メインの南西部風ビーフ&ビーンズ温め完了

2017年製MREメニューNo.24のメイン温め完了

10分ほど経ち、メインがしっかりと温まってくれました。

トルティーヤ、チーズスプレッドと一緒にいただきます!

メインのお味は?

2017年製MREメニューNo.24のメイン中身

お肉の他に豆、コーン、ピーマンなど色々な食材が使われてますね!

まずはそのままで一口。

肝心なお味は、トマトの爽やかな酸味とお肉の旨味が詰まった洋風シチューのようです

2017年製MREメニューNo.24のメイン一口

スパイスの香りも効いてますが辛くはありません。これを実際に辛くしたらメキシコ風になりますね。

塩加減は若干強め、コーンなどの野菜の甘味も感じられます。豆と合わさる事で食感もとても豊かです。

MREのメニューの中でも人工的な味付けを感じないものの一つとなっています。

2017年製MREメニューNo.24のトルティーヤ中身

チポトレ味なので普通のトルティーヤより若干赤い

次にトルティーヤで包んでいただきます。

余談ですが、これまでMREのトルティーヤはそのまま1枚使ってました。

ところがこれだと真ん中で破けて中身がこぼれ、大変な事になるんですよね

それであれば最初から真ん中で切ってから食べた方が良いのでは?と思い試してみたところ大成功でした。

2017年製MREメニューNo.24のトルティーヤにメイン

最初から真ん中で切ってチーズスプレッドとメインを乗せる

2017年製MREメニューNo.24のトルティーヤにメイン包み

あとは通常どおり包んで食べる

トルティーヤが破ける事もなく、とても食べやすいので是非機会のある方はお試しください。

MRE.JP
こんなに手を汚さずにMREのトルティーヤを食べられたのは初めてです。

そして味ですが、トルティーヤの甘味とスモーキーさが加わる事でさらに味の幅が広がってより一層美味しく食べられます。

ただ、チーズスプレッドの味がとても濃いので、多めに加えると味が完全にチーズスプレッド主役となってしまいます

少なめに加える事が全体の味のバランスを保つのにちょうど良いです。

アップルソースケーキの味は?

2017年製MREメニューNo.24のアップルソースケーキ中身

続いてデザートのアップルソースケーキです!

MRE.JP
MREのケーキ類ではお馴染みの形ですね。

こちらはリンゴとシナモンの香りがとても合っている、甘さも程よい美味しいケーキです!

リンゴの欠片も入っていてシャリっとした食感も楽しめます。

2017年製MREメニューNo.24のアップルソースケーキ断面

先にモカカプチーノを飲んでしまいましたが、コーヒー類や紅茶にとても合う美味しいデザートでした。

おやつのテリヤキビーフスティック

2017年製MREメニューNo.24のテリヤキビーフスティック開封

日本で売られてるカルパスより若干太い

少し時間をおいておやつのテリヤキビーフスティックをいただきます!

ビーフジャーキーのようにスモーキーな良い香りです。

塩味は少し強め、お肉の旨味についてはそこまで感じられませんが、お酒のお供としてちょうど良い味になってます。

MRE.JP
ビールを飲みながらいただきました。

2017年製MREメニューNo.24のテリヤキビーフスティック断面

「テリヤキ」と名前が付いてますが、甘さのあるテリヤキ感は全くありません。

MRE.JP
でも、とても美味しいビーフスティックです!

デザート2つ目「APPLE PIECES IN SPICED SAUCE」

2017年製MREメニューNo.24のリンゴソース漬け中身

最後は2つ目のデザート、スパイスソース漬けのリンゴです!

トロっとしたシナモンの香りが効いたソースに、柔らかく煮込まれたリンゴがとても美味しいです。

2017年製MREメニューNo.24のリンゴソース漬け一口

茶色いつぶつぶがシナモン

アップルパイの中身のリンゴと例えるのが一番分かりやすいかと思います。

このままでも十分美味しいですが、温めてあげればさらに美味しくなりそうです。

まとめ

2017年製MREメニューNo.24「Southwest Beef and Black Beans」

以上、今回は2017年製米軍MREメニューNo.24「Southwest Beef and Black Beans」を食べてみた感想とレビューでした!

MREのメイン料理は人工的な独特の味わいのものも多いですが、こちらに関してはお肉や野菜などの各種素材の自然な味わいが楽しめる、美味しいメニューとなていました。

当サイトでのレビューは2回目となりましたが、1回目の2015年製との中身の違いなどを楽しめるのもMREの魅力の一つです。

非常食としてもとても優秀なMRE。まだMREを試した事の無い方、ヤフオク楽天市場Amazonでも購入は可能ですし、意外と安いので非常時の備蓄としてはいかがでしょうか?

-米軍MRE

© 2022 MRE.JP