自衛隊戦闘糧食

【自衛隊戦闘糧食Ⅱ型】鮭味付けの実食レビュー!久しぶりに味付け濃いめの戦闘糧食です!

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」

https://mre.jp

サケやマス科の魚を一番世界で食べているのは日本人と言われています。

特に鮭は焼き鮭として和朝食の定番ですし、お寿司としても、煮込み料理から鮭とばまで、としても幅広く食べられてますね。

今回はそんな鮭がメニューの戦闘糧食、「鮭味付け」の実食レビューをお届けしたいと思います!

「鮭味付け」という料理は一般的にはあまり聞きませんが、どのようなものになってるのでしょうか?

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」について

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」について

戦闘糧食Ⅱ型(非常用糧食)の鮭味付けは日本ハムが納入しています。

賞味期限は納入から3年。今回いただくものは2019年3月納入、2022年3月賞味期限のものです。

戦闘糧食の納入社等や基本情報に関する事は下記「戦闘糧食について」の記事で解説していますので詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

感根記事
自衛隊戦闘糧食Ⅱ型
自衛隊の戦闘糧食について徹底解説!Ⅰ型とⅡ型の違いは?

日本の平和と安全を守る存在の自衛隊。 日本に限らず、海外でも災害時の支援などで派遣される事も多く、特に近年は自然災害などのニュースでもその活躍を耳にされている方も多いかと思います。 軍隊ではありません ...

続きを見る

内容物

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」の内容物

内容物は鮭味付け、五目飯、カニチャーハン、トレー、スプーンの5点

大半の戦闘糧食Ⅱ型は白飯2個、もしくは白飯に何かしらの味付けのご飯というセットになっていますが、白飯が含まれていないものは初めてです。

MRE.JP
今後レビューするためにまだ食べてないものも色々ありますが、どれも白飯は入ってます。

もしかするとかなりレアなのでしょうか?

カニチャーハンを戦闘糧食の中身として見かけるのも初めてです。

戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」の準備&中身の確認

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」の加熱方法

戦闘糧食Ⅱ型の加熱方法はどれも共通で、外袋のまま湯煎で約30分間加熱する形となっています

ただ、トレー付きのタイプだと我が家の鍋に収まらないので、、中身を取り出して直接湯煎させていただきます。

MRE.JP
直接湯煎なら時間も半分程度で済むので、待ちたくない方にはオススメです。

という事で先に開けてどんな中身が入っているのか確認していきます!

中身の確認

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」の中身

お馴染みのOD色、メイン以外のご飯類も全てレトルトタイプとなっています。

MRE.JP
ご飯類がパックのタイプも存在します!

製造会社やカロリーなど詳しく見ていきましょう。

鮭味付け

「鮭味付け」のレトルトパウチ

メインの鮭味付けは気仙沼ほてい株式会社製造

「やきとり缶」などの缶詰などで有名なホテイフーズ株式会社のグループ会社ですね。

150g入りで273kcalとなっています。

「鮭味付け」のレトルトパウチ詳細

名称は「しりざけ味付け」

五目飯

「五目飯」のレトルトパウチ

2品目は戦闘糧食ではお馴染みの五目飯です!

こちらも戦闘糧食の製造会社ではお馴染みのフクシマフーズ株式会社が製造、東洋水産株式会社が販売しているものとなっています

200g入りで322kcal。

「五目飯」のレトルトパウチ詳細

カニチャーハン

「カニチャーハン」のレトルトパウチ

最後はカニチャーハン!

こちらも五目飯と同様にフクシマフーズ株式会社製造、東洋水産株式会社販売です

200g入りで373kcal。

「カニチャーハン」のレトルトパウチ詳細

以上が今回の中身の詳細でした!

合計カロリーは968kcal

戦闘糧食はものによっては外袋に記載の賞味期限と中身の賞味期限が異なってる場合がありますが、今回のものは全て同じ2022年3月のものでした。

MRE.JP
異なる場合は中身の賞味期限の方が長いです。

それでは食べる準備に取り掛かります!

湯煎

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」の加熱準備

中身取り出せば鍋のサイズとぴったり

鍋にそれぞれの品を入れ水で浸して加熱すればあとは待つだけです。

直接の加熱ならかなり短い時間で済むので、10分くらい湯煎したいと思います。

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」の加熱中

沸騰してきたのでフタをして待ちます

10分経過したけどさらに5分追加加熱

下からカニチャーハン、五目飯、鮭味付けの順番で鍋に入れて湯煎してましたが、10分経ったので取り出して外から触ってみたところ、五目飯の中心部分がまだ少し固い状態でした。

どうしても熱が均一に行き渡りづらいので、このタイミングで五目飯を一番に置き、追加で5分ほど加熱しました。

MRE.JP
5分経過後再度確認し、しっかり柔らかくなっていたのでここから実食に移りたいと思います!

戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」の実食レビュー

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」の加熱完了

熱々に温まってます

しっかり温まってくれたので、付属のトレーに盛り付けをしていきます!

レトルトパウチがかなり熱いので、火傷をしないよう要注意です。

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」五目飯盛り付け

左側には五目飯

五目飯は和風の素朴だけど美味しそうな香りが漂ってきます。

続いてカニチャーハンを右側に。

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」カニチャーハン盛り付け

右側はカニチャーハン

定食屋さんでチャーハンが出てきた時と同じような香りがします!

カニの香りも良いですね。

最後に上からメインの鮭を乗せれば完成ですが、先にレトルトパウチを除いてどんな感じか見てみましょう。

「鮭味付け」の中身

勝手に焼き鮭のようなものを想像してましたが、味噌煮のようなものだったんですね!

香りもサバやイワシの味噌煮のようで美味しそうです。

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」盛り付け完成

最近レビューした戦闘糧食Ⅱ型は気持ち汁の量が少なめで味が薄いものが多かったですが、今回のは多めでしっかりご飯にも染み渡ってくれています。

MRE.JP
五目飯、カニチャーハン、鮭の良い香りが全部混ざってとても豪華です。

それでは早速いただきます!

五目飯の味は?

五目飯の味は?

醤油ベースの優しい味付けに仕上がってます!

ごぼうや椎茸のダシがご飯全体に染み渡っていて、香ばしくてとても良い香りです。

五目飯の味

薄めの味付けではあるものの、物足りなさは無く、このまま単品でも十分食べられます。

とても安定感のある美味しい五目飯です!

カニチャーハンの味は?

カニチャーハンの味は?

五目飯、カニチャーハンともにうるち米ですが、カニチャーハンの方はもち米感を感じます

五目飯よりも少し塩気がありますね。卵とカニの香りが効いていて良いです。

作りたてのパラパラのチャーハンとはいかないものの、中華風ブイヨンの味わいも広がるとても美味しいチャーハンです!

メインの鮭味付けとの相性はどうなのでしょうか?

鮭味付けの味は?

鮭味付けの味は?

味噌煮のような甘辛い味付けの鮭です!

実際味噌は使用されていないものの、サバの味噌煮などとかなり近い味になってます。

サバなどと比べると鮭の風味と食感、皮の部分の食感が鮭ならではの仕上がりにしてます。

MRE.JP
焼き鮭を味噌系のタレにつけた感じです!
鮭味付けの鮭の皮

はっきりと鮭の皮とわかります

鮭自体も大きめにカットされたものがゴロゴロ入ってるので食べ応えも十分でとても満足感が高いです。

鮭味付けの鮭

鮭ひとつひとつが大きい

そして、味は付けは濃いめです。これまでレビューした戦闘糧食Ⅱ型の中では一番濃いのではないでしょうか?

白飯2つに対してであればちょうど良い濃さですが、味の付いてる五目飯とカニチャーハンだとちょっとバランスが崩れています。

MRE.JP
記事を書きながら思いましたが、恐らく栄養バランスを考えて白飯2つではなく、五目飯とカニチャーハンになったのかもしれませんね。

タレの味はとても良いですが、せっかくの五目飯とカニチャーハンの香りと味がかき消されてしまうは少し残念でした。

とはいえ、薄味すぎると物足りないですし、戦闘糧食は濃いめの方がご飯もいっぱい食べられて良いのではと思います!

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「鮭味付け」完食

ごちそうさまでした

まとめ

戦闘糧食の鮭味付け

以上、今回は戦闘糧食Ⅱ型(非常用糧食)「鮭味付け」の実食レビューでした!

鮭はシンプルな焼き鮭、薄味のものを想定していましたが、戦闘糧食Ⅰ型のように久しぶりに濃いめで食べ応えのある戦闘糧食でした。

MRE.JP
食べた後とても喉が渇きました。

良い部分悪い部分はあるものの、個人的にはとてもお気に入りのメニューの一つになりましたよ。

残念ながら今回の鮭味付けと同じメニューはありませんが、納入社である日本ハムの「やきとり」や「煮込みハンバーグ」であれば戦闘糧食と同等品を一般向けに販売していて、Amazon楽天市場などでも購入可能です。

賞味期限は5年超ととても長くて常温保存も可能、温めも不要なので非常食としてもとても優秀です。

気になる方はぜひ一度試してみてください!

-自衛隊戦闘糧食

© 2022 MRE.JP