自衛隊戦闘糧食

【自衛隊戦闘糧食Ⅱ型】煮込みハンバーグの実食レビュー!とても上品でクオリティの高い味に仕上がってます!

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「煮込みハンバーグ」

https://mre.jp

「好きな食べ物」は人によってさまざまではありますが、色々なランキングを調べたところ上位に入ってくるものは「カレーライス」「ラーメン」「ハンバーグ」「焼き肉」「鶏のからあげ」「餃子」など。

嫌いという人は珍しい日本では定番のメニューが揃ってますね。どの年代でも人気です。

今回はそんな好きな食べ物ランキングの上位に必ず入ってくるメニューの一つであるハンバーグがメインの戦闘糧食「煮込みハンバーグ」を食べてみたので実食レビューをお届けさせていただきます!

ハンバーグも色々なタイプがありますが、どんな味に仕上がってるのでしょうか?

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「煮込みハンバーグ」について

戦闘糧食Ⅱ型の煮込みハンバーグ

戦闘糧食Ⅱ型の煮込みハンバーグは日本ハム株式会社が製造と納入をしています。

日本ハムといえば少し前に戦闘糧食と同等品のメニューを一般向けにも販売を開始して話題になりましたね。

同じ日本ハム製の戦闘糧食だと、当サイトではポークソーセージステーキをレビューさせていただいてます。

一般向けの商品はこちら!

一般向けのものは賞味期限が5年超ありますが、本物の戦闘糧食は納入から3年。

今回いただくものは2019年3月に納入されたものなので、2022年3月が賞味期限となっています。

ただ、外袋に記載の期限より実際の賞味期限の方が長い事も多いので、そこについてはこの後の中身の確認の際に見ていきましょう。

なお、戦闘糧食全般に関する事は下記「戦闘糧食について」の記事で解説していますので詳しく知りたい方はぜひご覧ください!

感根記事
自衛隊戦闘糧食Ⅱ型
自衛隊の戦闘糧食について徹底解説!Ⅰ型とⅡ型の違いは?

日本の平和と安全を守る存在の自衛隊。 日本に限らず、海外でも災害時の支援などで派遣される事も多く、特に近年は自然災害などのニュースでもその活躍を耳にされている方も多いかと思います。 軍隊ではありません ...

続きを見る

内容物

戦闘糧食Ⅱ型の煮込みハンバーグの内容物

内容物は煮込みハンバーグ、白飯、ドライカレー、トレー、スプーンの5点

MRE.JP
色々な戦闘糧食をレビューしてきましたが、トレー付きのものは今回が初めてとなります!

これまではご飯パックに零れないように上からおかずをかけて食べてましたが、食べやすさなど変わるのでしょうか?

戦闘糧食Ⅱ型「煮込みハンバーグ」の準備&中身の確認

戦闘糧食Ⅱ型の煮込みハンバーグの加熱方法

加熱方法は他の戦闘糧食同様、外袋のまま湯煎で30分ほど温める形となります。

が、ここで問題発生です。。

トレーが付いてるタイプはどうやら他の戦闘糧食よりも横幅が大きく、いつも湯煎用に使ってる鍋だと小さすぎて中に収まりません。

戦闘糧食Ⅱ型の煮込みハンバーグと鍋

フライパンを使おうかなとも一瞬思いましたが、別に無理をして外袋のまま湯煎する必要もないので、今回は先に中身を取り出してから温めたいと思います。

MRE.JP
その方が確実に熱も行き渡りますしね。

という事でいつものレビューとは逆で、先に中身を見ていきたいと思います!

内容物の再確認

戦闘糧食Ⅱ型の煮込みハンバーグの中身

トレーが入ってるタイプはご飯類もレトルトパウチなんですね!

MRE.JP
これも初めてでとても新鮮です!

パックの場合はどうしても湯煎だと熱が行き渡りきらずに固いままの部分があったりもしましたが、パウチであればより確実に温まりそうです。

一つ一つ、もう少し詳しく見ていきましょう!

煮込みハンバーグ

戦闘糧食Ⅱ型煮込みハンバーグのレトルトパウチ

メインの煮込みハンバーグは日本ハム株式会社が製造しているもの。

170g入りでカロリーは196kcal。

一般向けに販売されているものが115gなので、実物は約1.5倍ほど大きくなっています。

戦闘糧食Ⅱ型煮込みハンバーグのレトルトパウチ下部

中身の賞味期限も外袋に記載と同じ、2022年3月が賞味期限となっていました。

MRE.JP
ただ、市販品以上に丈夫なパウチなので実際は余裕で5年以上持つと思われます、

白飯

戦闘糧食Ⅱ型煮込みハンバーグの白飯

白飯はフクシマフーズ株式会社が製造、東洋水産株式会社が販売しているものでした。

ここら辺はパックタイプの白飯と同様ですね。

容量は200g入りで320kcal

レトルトパウチだと量が少ないように感じますが、実際はパックと全く同じになっています。

戦闘糧食Ⅱ型煮込みハンバーグ白飯レトルトパウチの下部

白飯も煮込みハンバーグ同様、2022年3月が賞味期限でした。

ドライカレー

戦闘糧食Ⅱ型煮込みハンバーグのドライカレー

ドライカレーも白飯同様、フクシマフーズ株式会社製造、東洋水産株式会社販売のものとなっています。

容量も同じく200g、カロリーは329kcalです。

戦闘糧食Ⅱ型煮込みハンバーグドライカレーレトルトパウチの下部

賞味期限も同じ2022年3月。

中身によって賞味期限がバラバラになってる事が多いですが、今回は全て全く同じという結果でした。

そして、3品合わせて総カロリーは845kcal

通常の生活を送っている一般人であれば一食として十分ですが、過酷な現場で活動する隊員向けのものとしては若干少ない印象でしょうか?

MRE.JP
ともあれ、以上が中身の詳細でした!

早速湯煎して食べる準備に入ります!

湯煎

鍋に戦闘糧食Ⅱ型の煮込みハンバーグ

外袋のままだとはみ出ていましたが、中身だけならすっぽり。

このまま水を注いで火にかけます。

戦闘糧食Ⅱ型の煮込みハンバーグ湯煎中

お湯が沸いてきたのでこのままフタをして30分待つとします。

戦闘糧食Ⅱ型「煮込みハンバーグ」の実食レビュー

戦闘糧食Ⅱ型の煮込みハンバーグ湯煎完了

熱々でパウチを開けるのも一苦労です

外袋のままの湯煎なら30分程度必要ですが、中身だけの場合はちょっと長すぎたかもしれません

かなり熱くなって膨れ上がってるので下手にパウチを持つと火傷しそうです。

MRE.JP
多分、10~15分くらいの湯煎で十分ですね。

盛り付けをしていきます。

トレーに盛り付けます

戦闘糧食Ⅱ型のトレーにドライカレー

ドライカレーはスルッと綺麗にパウチから出せました。

戦闘糧食Ⅱ型のトレーにドライカレーと白飯

大変なのは白飯でした

湯煎の時間が長すぎたせいか、ご飯がかなり柔らかくなってパウチの内側にくっついていて取り出すのに苦労しました。。

MRE.JP
しかもパウチがかなり熱いので。。

小さいスプーンでなんとか掻き出しました。

戦闘糧食Ⅱ型「煮込みハンバーグ」盛り付け

そして最後にメインの煮込みハンバーグを乗せて盛り付け完了です。

ご飯パックにおかずを乗せるのとはまた印象が変わって良いですね。

MRE.JP
早速いただきます!

煮込みハンバーグの味は?

戦闘糧食Ⅱ型煮込みハンバーグの味は?

まずはメインの煮込みハンバーグから。

ほんのりトマトの酸味と香りを感じるソースで味付けされててとても美味しいです!

デミグラス系の甘さのあるソースかなと想像してましたが、どちらかというと甘味少なめのあっさり寄りです。

戦闘糧食Ⅱ型煮込みハンバーグの断面

みじん切りにされた玉ねぎの風味もあり、全体的にフワッと柔らかめに仕上がっています。

ハンバーグ単体としてはとても上品で美味しいんですが、白飯と一緒に食べると少し味の薄さが気になりますね

汁がそこまで多くないのでもう少し量を増やすか、味付けを濃いめにしてもらいたいところです。

とはいえ、MREのビーフパティなどと比較しても味のクオリティは各段に高いハンバーグでした!

ドライカレーの味は?

戦闘糧食Ⅱ型ドライカレーの味は?

続いてドライカレー!

正直なところそんなに特別な味はしません(笑)

味付けは薄味寄りですが、そのままでも全然食べられます。

戦闘糧食Ⅱ型ドライカレーと煮込みハンバーグ

カレーのスパイスとハンバーグの汁が組み合わさると味変してまた違った味も楽しめて良いですね。

ドライカレー+煮込みハンバーグならちょうど良い味の濃さになります。

戦闘糧食Ⅱ型煮込みハンバーグ完食

ごちそうさまでした

まとめ

戦闘糧食Ⅱ型煮込みハンバーグ盛り付け

以上、今回は自衛隊戦闘糧食Ⅱ型「煮込みハンバーグ」の実食レビューでした!

味が濃いという印象が強い戦闘糧食ですが、それは缶詰タイプのⅠ型時代のものが中心で、最近のメニューはとても上品に仕上がってますね。

若干薄味すぎるかな?と気になる部分ではありました。

「美味しくないから改善を」と要望をした議員のニュースが最近出てましたが、個人的にはかなり味のクオリティは高いと思います。

今回の煮込みハンバーグについては一般向けにも販売されてるので気になる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

MRE.JP
僕もそのうち比較レビューしたいと思います!

非常時用の備蓄としてもオススメです!

-自衛隊戦闘糧食

© 2022 MRE.JP