米軍MRE

【米軍MREレーション】2017年製No.8「ミートボール」実食レビュー!アメリカの食卓の定番料理!

2017年製米軍MREメニューNo.8

https://mre.jp

アメリカの食卓だと定番料理の一つである「ミートボール」。

イタリア人からすると「!!??」な料理ですが、イタリアン移民がアメリカに持ち込んだパスタと融合された「ミートボールスパゲッティ」はレストランから缶詰のものまで、幅広く色々なシチュエーションでも食べられるアメリカを代表する料理となっています。

今回はそんな「ミートボール」がメイン料理の米軍MRE「Meatballs in Marinara Sauce」の2017年製のものをいただいたのでレビューさせていただきます!

以前にレビューさせていただいた2015年製との比較も!

メニューNo.8「Meatballs in Marinara Sauce」について

2017年製米軍MREメニューNo.8について

Meatballs in Marinara SauceがMREのメニューに登場したのは2007年

最初の2年間はメニューNo.18でしたが、2010年以降はNo.8に定着。以後、現在に続くまで継続しています。

アメリカ圏の食卓では定番の料理という事もあり、恐らく今後も無くなることはしばらくは無さそうです。

当サイトでは過去に2015年製のものをレビューさせていただいており、中身は以下ラインナップとなっていました。

内容物

ミートボール、ポテトグラタン、パン、ハラペーニョチーズスプレッド、ビーフスナック、ニンジンパウンドケーキ、レモンライムジュース、アクセサリーパケット、FRH、ベバレッジバッグ、スプーン

2017年はどんな違いがあるのでしょうか?

比べてみたい方はぜひ下記2017年製のレビューも併せてご覧ください!

過去レビュー
2015年製MREメニューNo.8
【米軍MREレーション】2015年製メニューNo.8「ミートボール」の実食レビュー!

今のところ食べたMREのFRH(ヒーター)が発熱不良で全滅しているアメリカル社製2015年CASE Aですが、今回はその中からメニューNo.8「Meatballs in Marinara Sauce」 ...

続きを見る

外装と内容物

2017年製米軍MREメニューNo.8の外装

SOPAKCO社製

2017年製米軍MREメニューNo.8のデートコード

デートコードは7177

今回いただくMeatballs in Marinara SauceはSOPAKCO社製のもの

デートコードは7177なので、2017年6月26日に梱包されたものです。

MREの製造会社や製造日を示すデートコードの読み方など、MRE全般に関する事は下記「MREとは?」の記事で解説してるので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

関連記事
MREとは
MREとは?レーションってどういう意味?アメリカ軍の戦闘糧食について。

MRE(エムアールイー)はMeal Ready to Eatの略で、直訳をすると「準備の整った食事」。 アメリカ軍が戦場の兵士に配給している戦闘糧食(レーション(Ration)、正しい発音はラーション ...

続きを見る

内容物

2017年製米軍MREメニューNo.8の中身

中身は上記写真のように、透明な袋で二重パッキングされています。

ここ最近当サイトでレビューしてる同ケースのMREは全てこのパターンですが、実はこちらは最終梱包と納入はSOPAKCO社、中身はアメリカル社製造のものとんっています。

MRE.JP
色々と大人の事情でこういうMREもあります。

2017年製米軍MREメニューNo.8の内容物

内容物は以下ラインナップとなっていました。

内容物

ミートボール、マッシュポテト、イタリアンブレッドスティック、チーズスプレッド(ハラペーニョ味)、テリヤキビーフスティック、オートミールクッキー、トロピカルポンチアクセサリーパケット、ベバレッジバッグ、FRH、スプーン

太文字ではない最後の4つは各MRE共通で入ってる付属品です。

それぞれ一つずつ、カロリー量などの詳細含めて紹介していきます!

ミートボール

2017年製米軍MREメニューNo.8のメイン

デートコードは7121

メインのミートボールは鶏肉と牛肉で作られ、マリナーラソースで煮込まれています。

227g入りで260kcal

マッシュポテト

2017年製米軍MREメニューNo.8のマッシュポテト

デートコードは7146

サイド料理はガーリック風味のマッシュポテトです。

142gで130kcal

イタリアンブレッドスティック

2017年製米軍MREメニューNo.8のパン

ハーブが混ぜ込まれてイタリアン風味に仕上がっているパンです。

57gで190kcal

チーズスプレッド

2017年製米軍MREメニューNo.8のチーズスプレッド

2017年製米軍MREメニューNo.8のチーズスプレッド裏面

通常のチーズスプレッドではなく、少しレアなハラペーニョ味です。

28g入りで120kcal

テリヤキビーフスティック

2017年製米軍MREメニューNo.8のテリヤキビーフスティック

今回のおやつです!テリヤキ味のカルパスみたいなもの。

28gで110kcal

オートミールクッキー

2017年製米軍MREメニューNo.8のオートミールクッキー

デザートはオートミールクッキー。名前の最後にある「TFF」は「トランズファットフリー(トランス脂肪酸不使用)」の略となっています。

57gで280kcal

MRE.JP
今回の中身だと単品で一番カロリーが高いですね。

トロピカルポンチ

2017年製米軍MREメニューNo.8のトロピカルポンチ

2017年製米軍MREメニューNo.8のトロピカルポンチ裏面

最後は今回のジュース。12oz(約340ml)分作れます。

カロリーは120kcal

その他MRE共通で入ってるもの

2017年製米軍MREメニューNo.8の付属品

アクセサリーパケットの中身

2017年製米軍MREメニューNo.8アクセサリーパケットの中身

左上からコーヒー、コーヒークリーム、甘味料、ウェットティッシュ、ティッシュ、塩、シナモンガムです。

MRE.JP
赤色の包み紙はシナモンで、透明ならミントガムです!

以上が今回の中身の詳細でした!

総カロリーは1,210kcal、ちょうどMREのカロリー目安量と同じくらいですね。

MRE.JP
それでは実食に移りたいと思います!

2017年製メニューNo.8の実食レビュー

2017年製米軍MREメニューNo.8のFRNに水

MREを食べる時はまずはメインを温めるところからですが、今回のように製造から3年以上経っているものは、専用ヒーターのFRHがほぼ機能しません(経験上)。

MRE.JP
それか、たまたまハズレのMREばかり当たってしまってます。

FRHは一応試してみますが、コーヒーを淹れるために沸かしたお湯で温める前提で進めます!

FRHを一応試してみる

2017年製米軍MREメニューNo.8のメイン温め中

FRHの袋下部にある黒い二重線まで水と、メインのレトルトパウチを入れて発熱材を濡らすだけで準備OKです

あとは写真のように斜めに立てかけ待つのみ。

通常は1分くらい経てば熱でFRHの袋が膨れ上がり蒸気が漏れてきますが、今回も案の定、ほぼ熱を発してくれません。

2017年製米軍MREメニューNo.8のメイン温め失敗

全く熱を発してくれませんでした

想定どおりなので、コーヒーを淹れる準備をします。

メインを温めるお湯の準備を兼ねてコーヒー

2017年製米軍MREメニューNo.8のコーヒー準備

コーヒーのデートコードは7144

MREコーヒーはごく普通のインスタントです。

フリーズドライタイプとスプレードライタイプの2種類がランダムで入っていて、今回はスプレードライタイプ。

2017年製米軍MREメニューNo.8のコーヒー粉

2017年製米軍MREメニューNo.8のコーヒー

個人的にはお湯を少しだけ少なめにし、濃いめでいただくのが好みです。

FRHの袋に直接お湯を注いで温め

2017年製米軍MREメニューNo.8のFRNにお湯

沸かしたお湯の残りを全てFRHの袋に注ぎました。

かなりの熱に耐える事が出来るので、袋が溶けるなどの心配はありません。

2017年製米軍MREメニューNo.8のメイン温め中

マッシュポテトも一緒に温めてます

便利な事にスリーブに入れてあげればこのように直立させることができます。

MRE.JP
お湯がこぼれる心配もありません!

チーズスプレッドも柔らかくしたいので、袋の外側に入れておきます。

2017年製米軍MREメニューNo.8加熱中にチーズスプレッド

ついでにチーズスプレッドも温めます

メイン温め中にトロピカルポンチを作る

2017年製米軍MREメニューNo.8のジュース準備

メインが温まりきるまでちょっと待つので、この間にトロピカルポンチを作ります。

ベバレッジバッグに粉と水を入れ、良く振るだけで完成。

2017年製米軍MREメニューNo.8のジュース粉

2017年製米軍MREメニューNo.8のトロピカルポンチ完成

今回のトロピカルポンチはすぐに水に溶けず、良く振ったり揉んだりしないと粉が残るタイプでした。

MRE.JP
粉が若干残ってた方が好き、という人はこれでOK!

チェリー味のような、いかにもアメリカンな味のジュースです。ただ、逆に喉が渇きそうな甘さはなく、すっきりとリフレッシュできる飲み心地です。

メインとサイドの温め完了!いただきます

2017年製米軍MREメニューNo.8のメイン温め完了

今回のように温めれば5分ほどで熱々になってくれます。

さっそくメインからいただきたいと思います!

ミートボールの味は?

2017年製米軍MREメニューNo.8のメイン中身

マリナーラソースのトマトと、ハーブの香りが良いですね!

少し甘味と酸味が効いた、美味しいソースです。少し水っぽさもあるので、スープに近いような感覚でも食べられます。

MRE.JP
製造から4年以上経ってるのに、フレッシュさを感じる味わいです!

2017年製米軍MREメニューNo.8のミートボール

肝心のミートボールは可もなく不可もなしといったところです。

鶏肉も入っている事からか、淡泊な味わいです。

マッシュポテトの味は?

2017年製米軍MREメニューNo.8のマッシュポテト中身

マッシュポテトはポテトの原型を全くとどめてません。

海外だと粉状の水を混ぜて作るマッシュポテトがありますが、それに近いものとなってます。

以前に食べた別のMREに入っていたものはもう少しガーリック感を感じましたが、今回はそれほどです。

2017年製米軍MREメニューNo.8のマッシュポテト中身②

最終的にはこのままで全ていただきましたが、あまり味がついていないので、付属の塩を使っても良かったかなと思いました。

イタリアンブレッドスティック&チーズスプレッド

2017年製米軍MREメニューNo.8のパンとチーズスプレッド

続いてはパンとチーズスプレッドです!

2017年製米軍MREメニューNo.8のパン中身

通常のMREのパンとは異なり、切れ目が入っていて名前のとおりスティック状にして食べる形になっています。

2017年製米軍MREメニューNo.8のパンにチーズスプレッド

チーズスプレッドを塗りました

イタリアンブレッドスティックは甘味があって色々なハーブの香りが混ざっています。

チーズスプレッドのハラペーニョの辛味と香りとも組み合わさって複雑な味わいに変化しました。

2017年製米軍MREメニューNo.8のパンにチーズスプレッド残り3切

通常のパンと違って簡単にちぎって食べられるのは便利

おやつのテリヤキビーフスティック

2017年製米軍MREメニューNo.8のテリヤキビーフスティック中身

しばらく時間をおいておやつです!

お酒のおつまみでお馴染みのジャッキーカルパスのようなもの。

2017年製米軍MREメニューNo.8のテリヤキビーフスティック開封

日本で売ってるカルパスより一回り太い

まさにお酒のおつまみにちょうど良い濃さの塩加減です。

ただ、甘味などのテリヤキ感は全くなく、なんでこのネーミングにしたのかは謎です。

2017年製米軍MREメニューNo.8のテリヤキビーフスティック断面

もしかすると、製造から1年以内のような新鮮な状態であれば味が違うのかもしれません。

MRE.JP
日本だとそこまで新しいMREはほぼ出回らないので、謎は謎のままです。

変なクセも無い、美味しいおやつでした!

デザートのオートミールクッキー

2017年製米軍MREメニューNo.8のオートミールクッキー中身

最後はデザートのオートミールクッキーです!

オーツとシナモンの香りの組み合わせがとても合います。オーツならではの食感も良いですね。

食間はサクサク系です。原材料にバターは使われていないので実際はパーム油ですが、バターのような滑らかさも感じます。

くどい甘さもなく、簡単に2~3枚食べられそうなクッキーです。

MRE.JP
カロリーが大変な事になりますが。

まとめ

2017年製米軍MREメニューNo.8のミートボールとマッシュポテト

以上、2017年製米軍MREメニューNo.8「Meatballs in Marinara Sauce」の実食レビューでした!

メインもサイドも、他の中身もクセの無い味でとても食べやすいMREでした。

MREは開発当時の「不味い」という評判がかなり一人歩きして今でもそう言われている事が多いですが、実際は年毎に進化していてかなり味のクオリティも高いです。

MRE.JP
中には「?」と感じるものもありますが。。

メイン料理からデザート、飲み物なども一通り揃ってるうえ、加熱しなくても食べられるところは非常時用の備蓄としても大変優秀です。

まだMREを試した事の無い方、ヤフオク楽天市場Amazonでも購入は可能ですし、意外と安いので非常時の備蓄としてはいかがでしょうか?

-米軍MRE

© 2022 MRE.JP