その他レーション

【米軍MCW】2016年製No.7「ビーフシチュー」の実食レビュー!MREの10倍美味しいです

米軍MCW「ビーフシチュー」

https://mre.jp

米軍のMREが誕生したのが1981年。

当初は12種類だけのメニューが現在は24種類まで増えていますが、誕生当初から40年近くに渡りメニューにあるのが「ビーフシチュー」。

そして、米軍のレーションでMREの次に有名なものといえば寒冷地用の「MCW」なのではないでしょうか?

そんなMCWにもMREで最長寿のメニューと同じ「BEEF STEW」が存在します。

今回は米軍寒冷地用レーション「MCW」の2016年製メニューNo.7「BEEF STEW」を食べてみたのでレビューをお届けさせていただきます!

MREと比べてどのような味の違いがあるのでしょうか?

外装と内容物

米軍MCW「ビーフシチュー」の外観

米軍MCW「ビーフシチュー」の製造会社

ワーニック社で梱包されたMCWです。

2016年製というのは分かっているものの、ワーニック社は外袋にデートコードを印字していないので、2016年のいつ頃に梱包されたものなのかは中身を見て確認します。

なお、MCW・MREの梱包会社や、製造日を示すデートコードについては下記「MREとは?」の記事でまとめてるので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください!

関連記事
MREとは
MREとは?レーションってどういう意味?アメリカ軍の戦闘糧食について。

MRE(エムアールイー)はMeal Ready to Eatの略で、直訳をすると「準備の整った食事」。 アメリカ軍が戦場の兵士に配給している戦闘糧食(レーション(Ration)、正しい発音はラーション ...

続きを見る

内容物

米軍MCW「ビーフシチュー」の開封失敗

MREでもたまにある事ですが、早速中身を確認しようと外袋上部から開けるのを試みたところ、見事に途中で破れてしまいました。。

MRE.JP
外袋はMREのそれより1.5倍くらい厚みがあって硬く、頑丈に出来てる分開けるのを失敗する確率が高そうです。

仕方がないので上部をナイフで切って開ける事としました。

そして、内容物は以下のようにコンパクトにまとまっています。

米軍MCW「ビーフシチュー」開けたて

米軍MCW「ビーフシチュー」の内容物

今回の中身は以下のラインナップとなってました。

内容物

ビーフシチュー、コーンカーネル、ピーナッツ、レモンポピーパウンドケーキ、グレープジュース、アクセサリーパケット、スプーン

太文字ではない最後の2つはMREにも入ってる共通の付属品ですね。

また、MREのアクセサリーパケットはタイプA~Cの3種類がありますが、MCWの場合は一種類のみです。

そして、MCWはカロリーがメインに寄っている分、品数はMREと比較すると少なめ。

MRE.JP
MREより2品くらい少ないです。

1つずつ詳しく紹介していきましょう!

ビーフシチュー

米軍MCW「ビーフシチュー」のメイン

米軍MCW「ビーフシチュー」のメイン側面

メインのビーフシチューはマウンテンハウス社製のフリーズドライ食品。

がっつり真空パックされてしまってるので文字が見づらいですが、1食140g入りで580kcal

こちらの袋に直接お湯を注いで食べる形になります。

米軍MCW「ビーフシチュー」のメインのデートコード

デートコードは6320

メインのデートコードは「6320」なので、2016年11月15日製造のものという事が分かりました

このMCWの最終梱包はこの日付より後になるので、2016年終わり~2017年初めに納入されたものと思われます。

MCWのメインを製造しているマウンテンハウスの事や、MCW全般に関する事は下記記事で解説してるので、もっと詳しく知りたい方はぜひご覧ください!

関連記事
MCWとは?
寒冷地用米軍レーション「MCW(Meal Cold Weather)」とは?MREとの違いは?

米軍のレーションといえば「MRE」が一般的ですが、実はMRE以外にもさまざまな状況や環境に合わせたものも存在します。 代表的なものが加熱等の調理などが一切不要な、戦場の最前線の兵士用の「FSR(Fir ...

続きを見る

コーンカーネル

米軍MCW「ビーフシチュー」のコーンカーネル

こちらはMREでもお馴染みのおやつの一つ。日本だとミックスナッツに入ってるジャイアントコーンの粒が普通のトウモロコシサイズのものです。

57g入りで270kcal

ピーナッツ

米軍MCW「ビーフシチュー」のピーナッツ

2つ目のおやつ、塩味のピーナッツです。

たまたまかもしれませんが、シンプルにピーナッツオンリーは今まで色々なMREを食べてきた中で出くわした記憶があまりありません。

MRE.JP
ナッツレーズンミックスは良く入ってるんですけどね。

28g入りで170kcal

レモンポピーパウンドケーキ

米軍MCW「ビーフシチュー」のレモンパウンドケーキ

デザートのパウンドケーキです。

こちらはMREでもたまに見かける品となっています。

71gで270kcal

グレープジュース

米軍MCW「ビーフシチュー」のグレープジュース

米軍MCW「ビーフシチュー」のグレープジュース裏面

今回の飲み物のグレープジュースです。

MREの場合、この形の袋に入ってる飲み物はココアやチョコドリンクなどになりますが、MCWの場合は通常のジュースもこのタイプなんですね。

12oz(約340ml)分作れて、180kcal

その他MCW共通で入ってるもの

米軍MCW「ビーフシチュー」の付属品

当然ですが、MCWはメインがフリーズドライなのでMREのようにFRHは付いていません。

アクセサリーパケットの中身

米軍MCW「ビーフシチュー」のアクセサリーパケット中身

左上からコーヒー、コーヒークリーム、砂糖、ウェットティッシュ、ティッシュ、ミントガム、マッチ、ホットソースとなります。

そして、、コーヒーの袋を見ると濡れしまった跡がありますね。。マッチのホチキス部分も錆びてしまっています。

MRE.JP
中身の液漏れなどは確認できなかったので、梱包工程で水などで濡れたのだと思われます。

恐らくコーヒーはダメでしょう。。この後のレビューでどうなってるか見ていきたいと思います。

以上が今回のMCWの中身でした。

総カロリーは1,470kcal。MCWの標準どおりですね

2017年製メニューNo.2の実食レビュー

米軍MCW「ビーフシチュー」のコーヒー準備

メインのビーフシチューにいく前に、先にコーヒーがどうなってしまっているのか確認したいと思います。

MRE.JP
どっちにしてもメインを作るためにお湯を沸かさなければいけないので!

コーヒーはどうなっている?

米軍MCW「ビーフシチュー」のコーヒー中身

案の定ですが、中は真っ黒に変色してカビてしまっていました。。

残念ながら今回はコーヒーはおあずけです。

メインのビーフシチュー準備

米軍MCW「ビーフシチュー」の作り方

メインのビーフシチューは16oz(約450ml)のお湯を加えてかき混ぜ、10分ほど待つだけで簡単に作れます

MRE.JP
FRHがちゃんと機能するか心配する必要もないのは良いですね。

海外のMCWのレビューを観ていると、手順どおり16ozのお湯の量だと水っぽくなりすぎるという意見が多かったので、13oz(370ml)くらいで作ります。

米軍MCW「ビーフシチュー」の中身

水で戻す前はカップヌードルの具材みたいになってます

米軍MCW「ビーフシチュー」のメインとお湯

袋に直接お湯を注ぎます

半分ほどお湯を注いだら全体にお湯が行き渡るように一旦かき混ぜて、残りのお湯を注ぎます。

米軍MCW「ビーフシチュー」のメインにお湯

カップヌードルにお湯を注いだ時を同じような見た目です

もう一度よくかき混ぜたらあとは10分ほど待つだけです。

米軍MCW「ビーフシチュー」のメインにお湯で戻し中

ビーフシチューの完成待ち中にグレープジュース

米軍MCW「ビーフシチュー」のグレープジュース粉

粉は真っ白だけど、水を入れると変色します

グレープジュースも水を入れて良く混ぜればすぐに完成です。

米軍MCW「ビーフシチュー」のグレープジュース完成

粉が若干残ってしまいました

味はMREのジュースと同様、人工的なグレープの味です(笑)

ビーフシチューの準備完了!味は?

米軍MCW「ビーフシチュー」完成

10分経ち、フリーズドライがしっかり戻ってくれました。

お湯も加えるとMREのメインの倍以上の重さになるので、かなりズッシリしています。

米軍MCW「ビーフシチュー」一口

そして肝心の味ですが、「旨い!」が率直な感想です(笑)

MREは独特な味をしているので、メニューの内容や食べる人によってはちょっと微妙と感じてしまう事もありますが、物凄く自然な味です。

MRE.JP
変なクセが全くありません!

ジャガイモにグリーンピース、ニンジンなどの野菜と、牛肉の旨味がちゃんと感じられ、ソースにも素材の味が染み出ています。

米軍MCW「ビーフシチュー」メイン中身

食べづらかったので袋を縦に広げました

味付けはシンプルな塩味ベース。

入れるお湯の量を若干少なめにした事で水っぽさもなく、味の濃さもちょうど良くなりました。

米軍MCW「ビーフシチュー」メインにホットソース

アクセサリーパケットに入っていたホットソースを加えた事で少しだけピリッとした辛さと酸味がアクセントになり、さらに味の幅が広がりました。

今まで多くのMREを食べてきましたが、味のクオリティでいうと次元がちょっと違います。MREと比べると入手難易度が高いのがただただ残念です。

そして、メインだけでかなりの量があるので、これ一つで満腹になってしまいました(笑)

残りの品はちょっと時間を開けて食べます!

おやつのコーンカーネル

米軍MCW「ビーフシチュー」のコーンカーネル中身

前述したようにジャイアントコーンの粒が小さい版なので、味は想像のとおりです。

しっかり塩味が付いていて、ビールにとても合う味になってます。

おやつ②のピーナッツ

米軍MCW「ビーフシチュー」のピーナッツ中身

MREのナッツレーズンミックスは味付けがされてませんが、塩味が付いてくれてるのはとても嬉しいです。

コーンカーネルと一緒に、お酒のお供としていただきました。

MRE.JP
程よい塩加減でした!

デザートのレモンパウンドケーキ

米軍MCW「ビーフシチュー」のレモンパウンドケーキ中身

最後はデザートのパウンドケーキです。

爽やかなレモンの香りがし、ケシの実のプチプチした食感がクセになります。

米軍MCW「ビーフシチュー」のレモンパウンドケーキ断面

アメリカのお菓子などでありがちな甘すぎるような事もなく、上品な味わいのパウンドケーキです。

まとめ

米軍MCW「ビーフシチュー」②

とにかく味のクオリティの高さにびっくりでした

以上、米軍MCW「BEEF STEW」の実食レビューでした!

今回初めてMCWを食べましたが、味のクオリティの高さにびっくりです。

自衛隊の戦闘糧食と張れるくらいの味といっても過言ではありません。

レーションにはそれぞれの種類によって用途が異なるので、MREのメインがフリーズドライに入れ替わる事は無いものの、このレベルの味にぜひ近づけてほしいなと思いました。

記事内でも触れたようにMCWは入手難易度が高いのでなかなか手に入れづらいですが、メインを製造しているマウンテンハウスを同じフリーズドライ技術を使用した非常食「サバイバルフーズ」であれば日本でも販売されています

いつか当サイトでもレビューしたいなと思ってましたが、今回のMCWを食べてみて増々サバイバルフーズも試してみたいと思いました。

20年以上の賞味期限、お湯を加えるだけで食べられるという点は非常時の備蓄として大変オススメですよ。

是非試してみてください!

-その他レーション
-

© 2022 MRE.JP